お砂糖大辞典

 

日本のバイキング料理

意外かもしれませんが「バイキング料理」という言葉は、日本限定のようです。昭和32年(1957年)、当時の帝国ホテルの支配人であった犬丸徹三氏がデンマークに渡航しました。デンマークで見た「好きなものを取って食べる食事スタイル(スモーガスボード)」に感銘を受けた犬丸氏は、昭和33年(1958年)に帝国ホテル内に「インペリアル・バイキング」というレストランを開いたのがバイキング料理の始まりだと言われています。

 

今では多くの日本中のレストラン、ホテルで採用されているスタイルになっています。これらのことからも分かるように「バイキングスタイル」は北欧の「スモーガスボード(smorgasbord)」、つまり「サンドウィッチテーブル、色々取り揃えたご馳走」に値します。北欧では伝統的かつ当たり前の食事形式なので「〜料理」というような特別扱いはしないのです。友人・知人が有り合わせの食べ物を持ち寄って、色々な食べ物を少しずつ食べるというのが「スモーガスボード」の起源です。そう考えると日本の食べ放題は、少し違ったスタイルのように思えます。また、日本の「闇鍋」は方向性を間違えたスタイルと認識することが出来るのではないでしょうか。

 

コスモテクノロジーの情報

食事にも宗教が関係している

欧州でこうした食事のスタイルが発達したのは、「個人主義」が発達したのが大きく関係していると考えられています。「好きなものばかり食べていては栄養が偏る」「太ってしまう」という考えは子供はおろか、大人は自己責任として片付けられてしまうので議論にもなりません。

 

欧米のほうでは、太っているということは管理が出来ていないと認識され、就職活動にも影響を及ぼすそうです。また、欧州は昔からいろいろな宗教が要り混ざっていますよね。宗教によっては食事の禁忌(菜食主義者、豚肉は厳禁など)があり、食べられるものと食べられないものが出てきます。こう考えると好きなものを食べられるというスタイルは、特殊なのかもしれません。

 

東京 ライブハウスとは

 

砂糖