お砂糖大辞典

「砂糖の種類や原材料」B

液糖:別名「顆粒状糖(フロストシュガー)」とも呼ばれます。白双糖・グラニュー糖を粉砕してつくった粉砂糖を、「造粒機」と呼ばれる機械にかけることで、作ることができます。水に溶けやすいのが特徴で、私たちにとってはアイスコーヒーに入れる「ガムシロップ」が1番馴染みがあるのではないでしょうか。

 

氷砂糖:文字通り「氷」に見えるほどの、大きな「単結晶糖」です。
単結晶と聞いたときは驚きましたが、氷砂糖一個と一般の砂糖一粒は、同じです。飴玉の代わりに食べたことが多いかと思いますが、「お菓子として食べられる唯一の砂糖」といって良いかもしれません。また、果実酒の味付けとしてもよく使用されています。氷砂糖の原料は「グラニュー糖」で、「静置法」、「攪拌機法」といった方法で結晶を「育てます」。育てるぶん、生産には手間がかかるので近代技術を活用した「攪拌機法」をもってしても、一週間は見なければいけません。

 

和三盆:初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。主として「高級和菓子」に使われる砂糖で、「細黍」という特殊なサトウキビを原料にして生産されます。香川県・徳島県のみで生産されていて、すっきりとした甘さを持つ、世界的に見ても異彩を放つ砂糖なのです。

 

tシャツのClubT
Tシャツ作成・販売ナビ