外国で作られる砂糖

外国で作られる砂糖

外国産の砂糖の砂糖を見ていきたいと思いますが、まずは、サトウキビから作られる、カソナード(赤砂糖)です。これはフランスの砂糖で、茶褐色の砂糖ですが、独特の風味を持っています。菓子の上にふりかけて、焼いて溶かして風味を出します。グラニュー糖と同じくらい、人気の砂糖です。

 

パネラ(赤砂糖)は、サトウキビから作られた、コロンビアの砂糖です。たたき割って使うのですが、茶色の砂糖で、石のように硬いものです。コロンビアではよく使われていて、料理にも使われるとのことです。日本だと、白砂糖と同じようなものと考えると良いそうで、これをお湯に溶かして飲むこともあるそうです。

 

マスコバドは粉末状のもので、フィリピンの黒砂糖です。この砂糖はカルシウムなどミネラルが多く含まれていて、「マスコバド」という方法で作られています。サトウキビを絞って煮つめ、自然乾燥させて作ります。

 

デメラーラは、これもサトウキビから作られます。モーリシャスで作られるもので、穏やかな甘さが特徴となっていて、黄金色をしています。これは黒砂糖から不純物を取り除いたからです。