砂糖業界とアジアの砂糖の割合

砂糖業界とアジアの砂糖の割合

砂糖の自給率は、現在では、30%前後まで落ちているのですが、これも、全国的に砂糖が作られなくなったせいであります。海外から「白砂糖」が入ってきたのが、明治維新なのですが、これによって黒砂糖は使われなくなり、精製されるのも沖縄だけになってしまいました。

 

しかし「和三盆」という砂糖は、希少性から逆にブランド砂糖となって、日本の砂糖でも歴史のあるものになっています。砂糖のアジア地域のシェアは世界で見ると、砂糖生産は5分の1から3分の1に拡大していて、消費率は、25%から40%まで上がっています。

 

これは、中国とインドの人口の多さが関係していて、2国を合計すると20億人以上の人口がいる為に、当然の結果とも言えます。

 

日本の砂糖業界を見てみると、「新三井製糖」、「大日本明治製糖」、「伊藤忠製糖」というものがあり、シェアに関しては、並びの通りです。かなり競争は激しいとのことですが、これらの会社は名前はよく聞いたことがある会社ですね。伊藤忠が砂糖を製造をしているのは珍しく感じるかもしれませんが、しかし、前々から行われています。

 

コスト低下で利回り好調!太陽光発電は「いまこそ」儲かる
実際、太陽光発電は儲かるの!?

 

太陽光で土地・空き地を活用して安定収入!