支援物資の届け方@

支援物資の届け方@

1.直接届ける    いわゆる「手渡し」です。民間の小規模な支援団体がよく採用する方法で、1番分かりやすいのではないでしょうか。保存がきくものであれば、腐敗を心配する必要もありませんし、必要な人にきちんと届いたのかを自分の目で確認することが出来るという点が最大のメリットとなっています。また逆にデメリットとしては、物資よりも人手を集めるのに苦労するでしょう。

 

届ける場所によっては、輸送になることもあります。また、支援が必要な国は治安が悪いところがほとんどなので、支援スタッフの生活や安全面を考えなければいけなく、コストも掛ります。緊急事態の場合は、空から支援物資をばらまく方法も取られます。この方法は、戦争難民の人たちに行うことが多いです。