バイキングとは何か

バイキングとは何か

バイキングというのは、「ノルマン人(北ゲルマン民族)」のことで、8世紀〜11世紀にヨーロッパを荒らしていました。まさに海賊という人達であるのですが、「自分のものは勝手に取って食べる」というバイキングの食事スタイルから、犬丸氏はバイキングと名付けたそうです。

 

さすがに約1000年もたってから日本でバイキングということが一般的な言葉になるとは、当人たちも思わなかったとおもいますが、しかし、いつのまにかそれも一般的になりました。

 

日本では高度経済成長期に人気になってきて、「バイキング」という言葉の感じや横文字の響きに魅了され企業主義・集団主義の時代に、受け入れられました。日本では、食事について価値観がどうと考えられることはないのですが、これも高度経済成長期から始まったことであるので、まだそれほど年月が経っていないせいでもありますね。しかし、「食べ放題」がバイキングというのは、本当にピッタリのイメージです。

 

他にはケーキバイキングというのがありますし、デザートバイキングというものもあります。食べることではないですが、大学では講義バイキングというものもあり、好きな科目などを選べるので、学生には非常にいいですね。また遊園地でも「バイキング」という乗り物があって、それもいつのまにか一般的な乗り物になりました。